出会い系を徹底解剖!超初心者が安全に出会うための3つの基礎知識

couple1

初めて出会い系サイトを利用しようと思ってるけど登録するのがちょっと怖かったり、使い方が分からなかくてなかなか先に進めない・・・

そんな出会い系初心者の方が「安心・安全」に出会い系サイトや出会い系アプリを利用するために、知っておくべき3つの基礎知識を紹介します。
すでに利用している人でも意外と知らない事もあるので是非ご覧ください。

出会い系サイトとは?

shutterstock_176825420

1つ目はそもそも出会い系サイトとは具体的にどのようなものなのか?ということを歴史や運営している会社などを通じて理解しましょう。

出会い系サイトの定義

まず出会い系サイトとはそもそもどういった事を指すのかと言う事ですが、警視庁から以下のような定義がなされています。

異性交際を希望する者の求めに応じ、その異性交際に関する情報をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いてこれに伝達し、かつ、当該情報の伝達を受けた異性交際希望者が電子メールその他の電気通信を利用して当該情報に係る異性交際希望者と相互に連絡することができるようにする役務を提供する事業

「インターネット異性紹介事業」の定義に関するガイドライン:警視庁

正式には「出会い系サイト」ではなく、「インターネット異性紹介事業」です。
難しく言ってはいますが、簡単に言うと「出会いたい異性同士がインターネットを利用して連絡を取り合う事」ですね。
そして、お互いに気が合えばその先はどうぞご自由にという事のようですね。

出会い系の歴史

出会い系サイトも今はスマホで気軽に利用出来る便利なツールですが、歴史を振り返ってみると形態を色々と変え社会に適合してきました。

それでは出会い系サイトの歴史を年代別に簡単に振り返ってみましょう。

1980年代:テレクラが発祥

出会い系サイトの歴史は1985年頃から始まったとされています。
当時社会現象になるほど流行していた「テレフォンクラブ」通称“テレクラ”が始まりとされています。
それと同時期に「伝言ダイヤル」「ダイヤルQ2」など、当時の多くの若者に利用されたツールが出会い系の土台となっています。

1990年代:伝説のスタービーチ誕生

この頃からようやくインターネットが登場し、携帯電話やPHSなどが普及し始め、いわゆる”出会い系サイト”と呼ばれるものが誕生しました。

その中でも圧倒的な人気・知名度があったのが伝説の神サイト「スタービーチ」です。

当時利用していた人は皆口を揃えて、「あれほど出会えた出会い系はない」と言いますよね。笑
当時の出会い系は規制が緩く、スタビユーザーの多くが18歳未満の女子高生や女子中学生だったこともあり、一部では「JKホイホイ」などと呼ばれており、20〜30代の男がこぞって出会い厨と化しものすごい盛り上がりでした。

2000年代:出会い系サイト規制法施行

伝説の出会い系サイト「スタービーチ」が爆発的な盛り上がりを見せる中、規制がゆるゆるだったこともあり女子高校生や女子中学生などの18歳未満が援助交際や性犯罪に巻き込まれることが多くなり社会問題になりました。

そして政府が性犯罪の対策として2008年、「出会い系サイト規制法」を施行しました。

この出会い系サイト規制法とともに「スタービーチ」は多くのユーザーが18歳未満だったという事もありサービスを終了してしまいました。
この時にこのような援助交際や性犯罪、またはサクラや美人局などを使いユーザーから金銭を騙し取るような悪徳会社が蔓延していた事もあり、出会い系サイトは「危険なサイト」という悪いイメージが社会に広まりました。
また、2000年以降急速なネット環境の発達により一人一台「ガラケー」を持つようになり、ガラケーサイトで多くの出会い系サイトが誕生し流行しました。

現在でも有名な「PCMAX」「ワクワクメール」「ハッピーメール」(R18)などはこの時誕生し、現在も多くの利用者に使われています。

2010年代〜:出会い系アプリ誕生

そして「出会い系サイト規制法」が施行された2010年以降は、先ほど挙げた3サイトのような運営元がしっかりしているような会社が、しっかりと規制を守りクリーンな運営方法で運営されています。
また、スマートフォンの普及により、新しく多くの「出会い系アプリ」が誕生し、今では市場の半数ほどの割合を占めるようなほどに成長しています。

そして、今まであまり良いイメージを持たれていなかった出会い系ですが、スマホの出会い系アプリやSNSの誕生によってよりクリーンなイメージに変わりました。
ユーザー層も拡大し、Facebookを利用した出会い系アプリPairs(ペアーズ)等を使うことにより、今まで出会い系を嫌煙、利用していなかった普通の一般女性や男性が安心して利用出来るようになりました。

また、アメリカでは出会い系サービスは「オンラインデーティングサービス」と呼ばれ、今ではアメリカで結婚するカップルの30%以上が「オンラインデーティングサービス」経由で出会ったという調査もあるようです。

ですのでアメリカではいわゆる「出会い系」とは一線を画し、パートナー探しのツールとして市民権を得ています。
日本でも以前と比べるとだいぶ市民権を得てきてはいますので、パートナー探しのツールとして一般認知されるようになることも遠い先の話ではなくなるかもしれません。

運営会社の実態

出会い系を使っている人もあまり知られていない出会い系サイトの運営会社を簡単に説明します。

出会い系サイトはユーザー数が増えると非常に収益性の高いサービスになるので、多くの会社が出会い系サービスを運営しています。
その中でも、健全に運営している「優良会社」とサクラや架空請求などでユーザーからお金を騙し取る「悪徳会社」の2パターンにはっきりと分別されます。

最近は法規制の強化もあり以前と比べると悪徳業者が少なくなってきてはいますが、まだまだ存在しているのが実情です。
また、出会い系を始めたばかりの方は悪徳業者の見分け方が分からず犯罪に巻き込まれてしまうケースもありますので、注意すべきポイントや判別方法をしっかりと理解し優良サイトを利用しましょう。

サクラ業者の特徴や見分け方は『出会い系に潜むサクラの簡単な見分け方4選』や『出会い系業者の特徴と見分け方5選』で詳しく説明しています。

優良運営会社は運営期間が10年以上であったりユーザー数が500万人ほどある会社もあります。
またそもそも会社自体の知名度がある「mixi」「Yahoo」「エキサイト」「サイバーエージェント」なども出会い系サイトや出会い系アプリを運営しているのです。

収益モデルと仕組み

出会い系サイトがどのような収益モデルで運営されているのかよく分からない人もいると思います。
基本的に出会い系サイトの収益モデルは大きく分けて「広告売上モデル」と「課金売上モデル」の2つのパターンに分かれています。

一つ目の「広告売上モデル」ですが、ユーザーは無料でサイトを利用できます。

サービスを無料で利用出来るので、比較的簡単に多くのユーザーが集まりやすく、その集まったユーザーがサイト内に掲載された広告を見たりクリックすることにより運営会社に広告の売上が入ってくる仕組みとなっています。
ユーザーもサイトを無料で利用出来るので良いのですが、誰でも登録が可能で無料で使えるため、サクラや業者などの一般ユーザーではないユーザーが多いもの特徴です。

またこのモデルで運営している出会いサービスは、年齢確認などの認証方法も雑なサイトやアプリが多いため、未成年の援助交際などの温床になっているサイトも多くあります。
もちろん中には優良サイトも多く存在しますが、正しい使い方と見分け方を理解していないと詐欺などにあってしまう可能性があるのがこの「広告売上モデル」です。

二つ目の「課金売上モデル」はーザーは月額利用料やポイント購入などの課金をし、その売上で運営しているモデルです。

基本的には登録は無料でできるのですが、「メッセージを送るならポイントが必要になる」など、無料で使えるサービスの範囲が限られているため、真面目に利用するとなると月額料金やポイントを購入する必要があります。

現在の優良出会い系サイト、優良出会い系アプリのほとんどはこの課金売上モデルで運用されています。

利用するためには少なからず料金が発生してしまうため、運営会社が一番懸念しているサクラや業者などに利用されにくくなり、健全なユーザーのみでサイトを運営することが出来ます。
また、本当に健全なユーザーが多いとそれがレビューや口コミで知れ渡り、さらに良いユーザーが増えるという良い循環を生み出せます。

ですので、本当に出会いを求めて出会い系を利用する際は、少しでもお金を支払うサイトを利用する必要があるのです。
また各サイト無料ポイントやポイント獲得などのお得な特典をつけているところがほとんどですので、だいたい月に1,000〜3,000円くらいの利用料金のみで問題ありません。

「女性と出会いたいけど、出会い系にお金を掛けたくない!」

と思う人も多いかもしれませんが、タダで利用できても「結局はサクラだった」というケースはよく遭遇しますので、しっかりと利用料を支払うことが理想の女性と出会うための最初の近道であると言えます。

出会い系サイトと出会い系アプリの違い

先ほどから出てきている「出会い系サイト」と「出会い系アプリ」ですが、両者には意外と知られていない特徴があるため利用目的によって使い方を変える必要が出てきます。

まず基本的な説明ですが「出会い系サイト」はスマホやPCのブラウザ(safariやGoogle Chrome等)上で利用するWebサイトを指すものであり、基本的な利用料金体系はメッセージを送ったり、相手の写真を見たりするとその都度ポイントが発生するため、事前にポイントを購入しておき、ポイントが足りなくなると都度課金をしていくという流れになります。

「出会い系アプリ」はGoogle PlayやApp storeからアプリをダウンロードして使うものを指すものであり、利用料金体系は月額課金となり、その料金内で足りなくなった場合などは都度追加で課金をしていく使い方となります。

そしてこの「Webサイト」で使うか「アプリ」で使うかによって実際の出会い系サービスの内容や利用ユーザーが違ってきているのです。

まず、Webサイト上で利用する出会い系サイトの特徴を簡単に説明すると「なんでもOK」です。

「なんでもOK」とはもちろん援助交際などの犯罪行為や他のユーザーに迷惑となるような行為はNGですが、基本的にサイト上では縛りがあまりなく自由な使い方が出来ます。
少し濁した言い方をしましたが、直接的に言うと「アダルト要素」が強く、男女とも「体関係を目的」とするような登録者が多いのが特徴となります。

サイト上で知り合って実際にデートや食事などに行った際にも、お互いそういった前提で会っているために出会った当日に「ラブホテルでセックス」みたいなパターンが多いです。
また、人とは少し違った性癖(SMや人妻好きなど)を持っている者同士と出会うためにも利用されており、現実ではなかなか見つけられないような出会いを見つけられるのが出会い系サイトの特徴となっています。

そしてもう一方の「出会い系アプリ」は、「アダルト要素」が少なく「恋人」や「結婚相手」を真面目に探しているユーザーが多いことが特徴です。

なぜ出会い系アプリはアダルト要素が少ないのかというと、そもそもスマホのアプリは「Google Play」「App Store」の利用規約を守らなくてはならず、両アプリマーケットを運営しているGoogleとAppleはアプリにアダルト要素が入っていると、そもそもアプリをリリース出来なかったり突然アプリを削除したりしますので、アダルト要素を入れたくても入れられず、必然的にアダルト要素が排除された内容になっているのです。
そのため「恋活」や「婚活」などの比較的クリーンなイメージでアプリをブランディングし、アダルト要素を嫌うユーザーをFacebook連携などで獲得しユーザーを増やしているのです。

出会い系サイトと違い、アプリ上で知り合い実際にデートや食事に行っても、そのまま「いざsex!」とはなかなかならず、何回かデートや食事をしお互い仲良くなってから恋人になったり体関係を持ったりといった比較的真面目な出会いの流れになることが多いです。
ただ、もちろん出会い系アプリでも「出会った当日にそのままベッドインする方法」もあり、「東京出会いモード」ではアプリ別に結果を出す具体的な攻略方法も紹介しているので参考にしてみてください。

結論としては「出会い系サイト」「出会い系アプリ」どちらが優れているかという話ではなく、ともに目的別に使い分ける必要性があり、それぞれの特徴を生かすような攻略方法が必要となってきます。

出会い系サイト/アプリを利用するためには?

smartphone1

2つ目は、出会い系サイトやアプリを実際に利用するためには何が必要で登録後はどのような流れで出会うことが出来るかなど、具体的な利用方法を説明します。

出会い系サービスの簡単な流れ

出会い系サイトや出会い系アプリの基礎知識を理解したところで、じゃあ実際にどう登録してどうやって出会うの?という部分を説明していきます。
まず簡単な出会い系サービスの登録から最後までの流れはこのようになっています。

出会い系サービスに登録し年齢認証をする

プロフィールを作り、気になる女性にメッセージを

メッセージのやり取りをして仲良くなり、食事などに誘い実際に出会う

デートを重ねてお互い仲良くなり恋人になる

文字に起こしてみると本当に誰でも簡単に出会えそうですね(笑)
嘘ではなく本当に誰でも出会えることは可能ですが、「可愛い子と出会う」「最小限のお金で出会う」「効率的に出会う」ためにはいくつかの押さえるべき攻略ポイントが散りばめられていますので、理解し実践し攻略していきましょう。

出会い系への登録方法と内容

登録方法はスマートフォンやPCからサイトやアプリをダウンロードして登録します。

登録内容はどのサイトやアプリでも簡単に行うことができます。
ニックネーム/年齢/性別など基本的な内容を登録するのみです。
優良サイトやアプリであれば、どのサービスも5分も掛からず登録が完了します。

出会い系サービスを利用できる年齢

出会い系サービスを利用できる年齢には制限があります。

出会い系サイトは法律により利用できる年齢が「18歳以上」に制限されています。
サイト運営者には、登録者が「18歳以上」であることを確認する義務が課されているのです。
ですので、「17歳以下」の利用は犯罪となります。

これは以前蔓延していた未成年(中高生)が援助交際などの性犯罪に巻き込まれることが問題となったため、法律によりしっかりと年齢確認の義務が定められています。

出会い系の年齢確認方法と必要な情報

まず登録するだけでは、年齢確認をする必要はありません。

ただ実際に年齢確認作業を行わないとどのサービスでもほとんど使える機能がなく、いつまでたっても何もできない状態のままなので、年齢認証は誰でも確実に行わなければならないことになります。

ちなみに、年齢確認作業を行わずに利用できる出会い系サービスは違法運営の可能性が大いにあり、犯罪に巻き込まれないためにも利用するべきではありませんし、そのようなサイトはほぼサクラのみで運営されている詐欺サイトです。
「優良出会い系サービス」は必ず年齢確認作業がありますので、年齢確認があるサービスのみを使うことを心がけましょう。

年齢確認の具体的な方法ですが、運転免許証などの身分証やクレジットカードにより運営会社は年齢を確認しています。

もちろん「個人情報を教えたくない」「個人情報が流出するのが怖い」といった不安の声はあり、自ら率先して免許証などの個人情報を教えたいような人はいないと思います。
かくいう私も、初めて出会い系に登録する時は同じ気持ちで「できれば個人情報を教えたくないなぁ」と思っていたのですが、「運営会社がまともなこと」「実際に送る情報はほぼ個人情報が含まれていないこと」が分かり、年齢認証のハードルは下げることができました。

下の画像は出会い系サイトでも1番の優良サイトと呼ばれている「PCMAX」(R18)の年齢確認ページなのですが、免許証で年齢確認をしようとした場合に、必要となる情報は「生年月日」「証明書の種類(運転免許証)」「発行者名の名称(東京都公安委員会など)」3つのみとなり、「本名」「住所」「証明写真」などは含まれていないため、個人情報はほぼないに等しいのです。

出会い系サイト規制法上のルールでは、氏名・住所等の個人情報をすべて出す必要はなく、確認が必要となる可能性があるのは「年齢のみ」なのです。

年齢認証_-_form|PCMAX 2

 

上の画像の通り、免許証はほとんどの情報を隠して送るのみで問題ないのです。
その他にも提出書類もないので、この事実を知ると初めて利用する人の登録ハードルはかなり低くなるのではないでしょうか。

出会い系サービスの禁止事項

利用するサイト/アプリともに、禁止事項は以下のように基本的なものがほとんどです。
アダルト要素のある単語の許容範囲が変わってくるぐらいです。

  • 他出会い系サイト、ネットワークビジネスなどへの勧誘
  • 個人情報の記載や公開
  • 18歳未満を募集する、または連想させる内容
  • 薬物に関する投稿
  • JC・JK・高◯生など隠語を頻繁に使う
  • 割り切り系キーワードを何度も使う

割り切りとは、「お金を支払った対価として性行為を行うこと」です。

出会い系での割り切りの相場や犯罪になのか?などは『1回◯万円…!出会い系のリアルな「割り切り」相場とその実態』に詳細を書いていますので一度読んでみてください。

出会い系サービスの退会方法

退会方法は優良サイトやアプリであれば簡単に退会が可能です。
またその場で退会でき、特に料金等も一切かかりません。

詐欺サイトに関しては、そもそも退会ができなかったり、退会方法をかなり分かりにくくしているサイトもあるので、安全なサイトか危険なサイトかを見分ける判断として退会方法をしっかり明記しているかどうかは重要な判断ポイントとなります。

ただ、優良サイトでは退会方法は少し分かりずらかったりするところもあるので、各サイトの退会方法はしっかりと確認しましょう。

「東京出会いモード」では、確実に退会できるサイトとアプリのみ紹介しています。

危険な出会い系サイトを見分ける方法

出会い系サイトは優良サイトを利用すれば犯罪や詐欺に巻き込まれることはほとんどないのですが、悪徳業者の運営する危険なサイトを利用してしまうと、サクラなどを使って男性の下心を利用し、18歳未満の援助交際や架空請求、他の危険なサイトに勝手に登録させられるなど、知らないうちに犯罪に巻き込まれてしまうケースもあります。

ただし危険なサイトを見分ける方法は『出会い系詐欺被害に絶対あわないための「鉄の掟」7カ条』に書いてありますので、注意すべきポイントや実際の詐欺サイト/アプリレビューを参考にし、詐欺行為に巻き込まれない方法を身につけてください。

出会い系を使うと本当に出会えるの?

couple2

最後の3つ目は、出会い系に登録する理由は誰もが勿論「出会いたいから」だと思います。
そして全ての人が思っている「出会い系は本当に出会えるの?」といった疑問について説明します。

何で出会い系で出会えるの?

まずそもそも出会い系サービスがなぜ出会えるのかを簡単に説明します。

結論を言うと「いま異性と出会いたい人のみが登録しているから」です。

これは至極当たり前でこれ以上の理由はないのですが、出会い系サイトに登録されているユーザーは出会いたいユーザーのみしかいないのです。
そして、出会いたいもの同士で「会いましょう!」「仲良くなりましょう!」と言っているので、そりゃ当たり前のように普通の生活での出会いと比べ、仲良くなる確率や出会いの数は圧倒的に増えます。

普段の日常生活では、新しい女性と出会う機会は少なからずはあるものの、ほとんど話をする機会はないと思います。
タイプの女性がいても恥ずかしくてなかなか自分から話しかけられなかったり、勇気を持って話しかけても彼氏がいたり無視されたり・・・

なかなか自分から女性に話しかけるのはハードルが高いのです。

そして新しく出会った女性と仲良くなっても、多くても月に1人か2人ぐらいだと思います。
社会人になると自ら出会いを作ろうと行動しなければ、出会う絶対数が圧倒的に少なくなりますよね。

しかし、出会い系サービスを利用すると、女性に話しかける(メッセージを送る)のが自然で当たり前で、女性側もメッセージを受け取るのが当たり前になっています。
そのため女性に話かける始めのハードルは非常に低く、また月に数十人ほどに効率的にアプローチできるため、仲良くなれたり恋人まで発展するような女性と出会う確率が単純に激増します。

またメッセージを送る前にプロフィールを確認できるため、同じ趣味や共通点などを事前に知ることができ、普段の出会いのように何も知らない状態と比べ仲良くなれる確率が飛躍的に上がります。

「出会い系がなぜ出会えるのか」をまとめるとこのようになります。

  • 出会い系サービスに登録している女性は男性と出会いたい女性しかいない
  • 女性に話しかける(メッセージを送る)ハードルが限りなく低い
  • 女性にアプローチ出来る数が圧倒的に多い
  • 共通の趣味や話題を事前に知ることができる

ナンパが大好きで街で歩いている女性に自らゴリゴリアタックできる人は別ですが、私含め多くの人はそこまで積極的になれず、なれたとしても時間的にも人数的にも限界があります。
そのような人間にとっては、出会い系サービスを利用することは女性と出会うためには絶対に外せない選択肢なのです。

実際に出会い系に登録している女性とは?

実際にどのような女性が登録しているのかということは、ほとんどの人が気になる疑問だと思います。

簡単に登録している女性のタイプを分けるとこのようになります。

  • 普段の生活で男性との出会いがない
  • 出会いはあるが、良い人を自ら見つけたい
  • 婚活中
  • アブノーマルな性癖
  • お小遣い稼ぎ
  • 風俗嬢
  • 暇つぶし

またこれらを簡単にまとめると「男性と出会いたい素人」「お金を稼ぎたいプロ」の2タイプです。

「お金を稼ぎたいプロ」とは風俗嬢やお小遣い目的の女性などですが、このタイプは少なからずどのサイトやアプリにも存在しています。
ただ基本的には相手にはしないため、あまり意識する必要はありません。

私たちがターゲットとするべきはもちろん「男性と出会いたい素人」のみです。

この中でも様々なタイプや特徴がありますので、出会い系を使う目的をはっきりさせ、『【お宝】出会い系で本当にヤレる「狙い目」女の12の見つけ方』などを参考に攻略していきましょう。

出会い系サービスで出会うためのコツ

出会うためのコツは色々とあるのですが、その中でも最も重要で絶対に外してはいけないポイントがあります。

それは「出会える出会い系サイトとアプリを使う」ことです。

なぜなら現存している出会い系サイト、出会い系アプリの中には未だ「女性が全くいない絶対に出会えない出会い系サイトやアプリ」があるのです。
あたかも女性ユーザーがいるように、女性ユーザーは全て「運営会社のサクラのみ」で構成されているようなとんでもない詐欺サイトやアプリが存在するのです。

なので、はじめに利用するサイトやアプリを間違えると、いくらお金があっても絶対に女性と出会うことができないのです。

実際に存在する「出会えない出会い系サイトとアプリ」を自ら登録しレビューをしていますので、具体的な「サイト名やアプリ名」もしっかりとチェックしてみてください。

そして出会い系サイトでは、ただやみくもに気になる女性にメッセージを送れば良いという単純な作業では思うように女性とは出会えません。

あなたがジャニーズレベルの超絶イケメンなら女性からガンガンメッセージがくる可能性はありますが、特別イケメンでない限りは様々な攻略法を使って女性にアタックする必要があります。

一般的な出会い系攻略サイトではただ出会い系サイトの紹介をして「登録すれば誰でも出会えます♪」など、実際に利用していない人や攻略できていない人が書いているサイトがほとんどです。

「東京出会いモード」では、自ら出会い系サイトと出会い系アプリを利用し、そこから本当に出会いセックスまでできる攻略法を紹介しています。
超具体的!女子ウケ200%の鉄板出会い系プロフィールの書き方』や『会ったその日に即エッチ!出会い系の初デートで9割の女を落とす方法』など具体的かつ誰もが実践できる攻略法を惜しみなく紹介していますので、隅々まで記事を読んでもらえると確実に女性と出会い簡単にセックスができるようになります。
そして、しっかり実践すれば理想の彼女や最愛なる結婚相手まで見つけられるような結果を出すこともできるでしょう。

東京出会いモードで理想の人生を手に入れる

ここまで読んでいただいた方は「出会い系とは何なのか?」ということを大体は理解できたかと思います。
少し分かりづらかったりすることもあるかと思いますが、各記事ごとに詳しい説明をしていますので色々と読んでみてください。

東京出会いモードでは以下のような流れを推奨しています。

出会いの本質を理解する

各シチュエーションごとの攻略法を理解する

攻略法をしっかりと実践し結果を出す

結果を出し、理想の女性関係を手に入れる

理想としている女性関係は十人十色だと思います。
可愛い彼女が欲しい、一生の伴侶となるパートナーがいればいい、都合の良いセフレが欲しい、とにかく色んな女性にモテたい、理想のsexを追求したい、などなど人それぞれ目的は違うと思いますので何が正解で何が不正解などはないと思います。

ただ女性関係のほとんどは、明確な目標を持ち正しい攻略法を実践すれば叶います。

女性関係がうまくいけば、人生は割とうまくいきます。
それほど女性関係は人生の充実度に大きな影響を与えるものです。

「東京出会いモード」では、あなたが理想の人生に少しでも近づけるよう、理想の女性関係を手に入れるための手助けをします。

出会い初心者の方への出会い系の基礎知識という内容ではありましたが、非常に大切な内容であったため長文になりました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

「東京出会いモード」であなたの理想の人生が手に入ることを願っております。

私が最も女性と肉体関係を持てたサイトのレビューはこちらです。
⇒【早い者勝ち】PCMAXで「2年で52人」とセックス出来た”本当の理由”教えます